manコマンド

コマンドやその他システムのmanマニュアルを閲覧。全マニュアルの全文検索。


manコマンド概要


コマンドのmanマニュアル閲覧

コマンド名を付けて実行。例えばlessコマンドを調べたいなら、

man less

閲覧中の操作はlessコマンドと一緒で、終了はqキー。


manマニュアルのセクション

マニュアルのページトップ左端「マニュアル名(数字)」となっている数字がセクション番号

それぞれのマニュアルはセクション番号で分類されている。

マニュアルのセクション
番号 内容
1 一般ユーザのコマンド
2 カーネル関係
3 C言語ライブラリ
4 デバイスファイル
5 設定ファイルなど
6 ゲーム
7 慣習その他
8 rootユーザのコマンド

詳しくはman man-pagesman セクション番号 introで出てくるマニュアルに。

セクションの使用例

同名のマニュアルが複数のセクションに存在する場合、下記のようにセクション番号を指定する。指定がなければ番号の小さいセクションが優先的に表示される。

man セクション番号 マニュアル名

例えば、whatisコマンドでpasswdを検索すると、

whatis passwd
passwd (1)           - ユーザパスワードを変更する
passwd (5)           - パスワードファイル
sslpasswd (1ssl)     - compute password hashes

なので、セクション5のpasswdマニュアルを出したい場合は、

man 5 passwd

英語のマニュアル

ロケール(言語環境の定義)が日本語に設定されているなら、日本語マニュアルがあれば優先して表示される。英語のを一時的に出したいなら、コマンド名の前にLANG=POSIXLANG=Cを付ける。

# コマンド名の前に付けると、今回だけ有効な変数値となる。
LANG=C man マニュアル名
# シェルのロケール設定確認
locale | grep LANG
LANG=ja_JP.utf8

# ロケール一覧
locale -a
C
POSIX
(省略)
# 大文字CやPOSIXはデフォルトのロケール

# lsコマンドの英語マニュアルなら
LANG=C man ls

全マニュアルの全文検索

全マニュアルの全文検索は、man -K キーワードと打つ。次の例は/etc/hostsについて検索している。

man -K '/etc/hosts'
--Man-- 次は: hostname(1) [ 閲覧 (return) | スキップ (Ctrl-D) | 終了 (Ctrl-C) ]

ヒットすれば該当マニュアルの本文が出る。qキーでそれを終了すると、上記2行目のように、次のヒットが(あれば)何なのか出るので、Enterで表示、スキップはCtrl + d、検索終了はCtrl + c